九州トーナメント

VS 立命館アジア太平洋大学 113-71  ( 26-22,28-15,34-14,25-20)

VS  九州産業大学 59-100 (9-20,20-25,14-20,16-29)

 

総評

1回戦では、ゲームの入りが悪く引き離すことができなかったが、2ピリ以降は練習通りの動きができ一気に突き放すことができた。また、メンバー全員が出場することができ、みながいい経験をすることができた。

2回戦では、1部との力の差を体感した。ディナイであったり切り替えの早さであったり、県リーグに向けて修正すべき点が見つかったいい試合だった。